ドッグフードの素材(大豆)

ドッグフードの原材料として、「大豆」が使用されることがあります。
原材料表示に目を通すと、「大豆」や「大豆ミール」などの文字を見つけることができると思います。
豆腐や味噌、醤油など、私たちの生活に欠かせない大豆ですが、ドッグフードに使用される場合はどうなのでしょうか。

大豆と犬の相性

基本的に犬は大豆を食べることができますし、食べ過ぎなければ良い栄養にもなります。
例えばおからは、低カロリーながらも腹持ちが良く、脂肪の燃焼効果なども期待できます。
食物繊維も含まれているため、便秘の解消などにも役立ちます。
大豆は重要なタンパク源にもなりえます。

しかしこれは「人が食べられる」場合の大豆の話であり、ドッグフードに含まれている大豆の多くは人が食べられないような、ゴミ同然のものなのです。
大豆は植物系の食品ですので、肉食傾向の強い犬はあまり消化が得意ではありません。
それがほぼ栄養のない粗悪な大豆であれば、なおさら身体に毒です。

また、大豆に対してアレルギー反応を示してしまうワンちゃんもいるので、注意が必要です。

大豆ミールの危険性

ドッグフードの原材料表示のなかに、「大豆ミール」という名称があれば要注意です。
この「大豆ミール」には、ワンちゃんの健康を害する様々な危険性が潜んでいるのです。

大豆ミール(脱脂大豆と)とは、「大豆を食用に加工した際に残る搾りかす」で、ドッグフードに最も多く使用される植物性タンパク質です。
しかし大豆ミール自体に、栄養はほとんど残っていません。
文字通り「残りかす」であり、ドッグフードに使用される大豆ミールは当然人の食用にも適さないようなものばかりです。
人の食用に適さないものが犬にとって無害かと聞かれれば、答えるまでもないと思います。

それではなぜ、大豆ミールがドッグフードにここまで幅広く使われているのでしょうか。

その理由は、「コスト削減」のための「かさ増し」として、大豆ミールがうってつけだからです。
大豆ミールは、畑の肥料としても役に立ちませんので、本来であればそのまま廃棄されます。
廃棄にもお金がかかりますので、それを受け取ってもらえるのであれば、業者は格安で提供することができます。

ドッグフードメーカーとしても原材料費を削減できますので、積極的に使用するのです。
動物性のタンパク質より安く済みますし、腹持ちもいいため増量剤としては最適です。

しかし、先述したように「大豆ミール」は栄養価がほぼ皆無ですので
、犬にとってメリットはほとんどありません。
それどころか、大豆ミールは消化がしにくいため消化不良の原因にもなり、嘔吐や下痢などを引き起こす可能性もあります。

大豆ミールが鼓膜症という病気を引き起こすといわれていますが、こちらに関しては多くの研究の結果、誤解であるとされています。

とはいえ、犬にとっては必要のない原材料であることは変わりありません。
「大豆ミール」の含まれているドッグフードは、そのほかにもかさ増しなどがされている可能性がありますので、避けるようにしましょう。
「全脂大豆」や「全粒大豆」と表記されているものであればその危険性は低いです。
購入前には一度、原材料表示によく目を通しておくようにしましょう。